« 鹿島なる砂浜に取り残されし貝殻の内の大いなるもの | トップページ | 坂東の小糠雨降る夜の道を旅の荷物を引きて戻りぬ »

2013年5月19日

日曜の越後路に人通りなくただへぎそばをたぐる夕暮れ


Wl130519 仕事で新潟県の長岡に来ている。新潟県は何度も来ているが、自分でも意外なことに、長岡で下車したのは今回が初めてだ。

新潟には 「へぎそば」 という独特のそばがある。布海苔でつないだもので、つるんとした感覚とのど越しがいい。新潟では小島屋という店があちこちにあって、私はそのあちこちの小島屋でへぎそばをよく食べたが、今回、初めて小島屋の本店で食うことになった。

長岡駅からそれほど遠くない通りにある、なかなかの風情の店である。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 鹿島なる砂浜に取り残されし貝殻の内の大いなるもの | トップページ | 坂東の小糠雨降る夜の道を旅の荷物を引きて戻りぬ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日曜の越後路に人通りなくただへぎそばをたぐる夕暮れ:

« 鹿島なる砂浜に取り残されし貝殻の内の大いなるもの | トップページ | 坂東の小糠雨降る夜の道を旅の荷物を引きて戻りぬ »