« 薄皮の下に弾くるいのち宿しトマトは赤く実りたりけり | トップページ | 巣の中で懸命に啼くひな鳥の嘴の似て紫陽花咲き初む »

2013年6月 2日

梅雨空の三日もたざる今世紀青空の下青田広がる


Img_5911先月二十九日に気象庁が関東甲信地方の梅雨入りを宣言し、翌日までは確かに天気がぐずついたが、翌々日の三十一日からは早くも梅雨の中休みとなり、青空が続いている。

今回も一昨年と同様に、雨が続く気圧配置を見逃さずに梅雨入りを宣言したはずなのだが、皮肉なもので、実際にはその気圧配置は二日間しかもたなかった。

ただ青空は続くものの、この二日間は妙に肌寒い。上着を出したりしまったりしている。田んぼも五月末の 「青田になったばかり」 という風情のままで、近くで見ると、まだまだすかすかの状態だ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 薄皮の下に弾くるいのち宿しトマトは赤く実りたりけり | トップページ | 巣の中で懸命に啼くひな鳥の嘴の似て紫陽花咲き初む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨空の三日もたざる今世紀青空の下青田広がる:

« 薄皮の下に弾くるいのち宿しトマトは赤く実りたりけり | トップページ | 巣の中で懸命に啼くひな鳥の嘴の似て紫陽花咲き初む »