« はるばると来たるいわきの青空に今日弔いの風は吹くなり | トップページ | 長き日はわが記憶よりたつぷりと余韻を残し暮れてゆくなり »

2013年6月23日

米寿にて弥陀の御許に旅立てる君最期まで凛としてをり


Img_6071 今日は伯母の告別式だった。伯母の享年は八十八歳。ということは、昭和ではなく大正十四年生まれである。棺の中の伯母は、古き良き時代の日本の女を思わせる凛とした表情だった。

今日の歌は、出棺の直前に斎場の割り箸袋に走り書きして、棺に収めたもの。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« はるばると来たるいわきの青空に今日弔いの風は吹くなり | トップページ | 長き日はわが記憶よりたつぷりと余韻を残し暮れてゆくなり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 米寿にて弥陀の御許に旅立てる君最期まで凛としてをり:

« はるばると来たるいわきの青空に今日弔いの風は吹くなり | トップページ | 長き日はわが記憶よりたつぷりと余韻を残し暮れてゆくなり »