« ままかりの寿司喰ふうちに新幹線はただ今時速二百七十キロ | トップページ | なにごともなく暮れてゆく夏空のそのなにごともなきぞ嬉しき »

2013年6月30日

空梅雨といへども雨は降るらむと知る小貝川の幅の広さよ


Img_6115 梅雨の雨は降っているのかいないのか。少しは降っているのだろう。あちこちで少しは降っているので、それが集まって川になると、このくらいの流れにはなるのだろう。

小貝川の川面は広がり、一年で一番川幅の広い季節になっている。これより広がるのは、台風で増水した時ぐらいである。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« ままかりの寿司喰ふうちに新幹線はただ今時速二百七十キロ | トップページ | なにごともなく暮れてゆく夏空のそのなにごともなきぞ嬉しき »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空梅雨といへども雨は降るらむと知る小貝川の幅の広さよ:

« ままかりの寿司喰ふうちに新幹線はただ今時速二百七十キロ | トップページ | なにごともなく暮れてゆく夏空のそのなにごともなきぞ嬉しき »