« 遷宮の新しき宮の白木なる鳥居本殿見ゆるぞゆかしき | トップページ | 南国の日の色さして紫陽花の花は見事に開きゐるなり »

2013年6月15日

三十年を一飛びに越え来てみれば昔と同じ二見浦なり


Img_5990 二見浦に三十年ぶりぐらいで来た。確かにこんなようなところだったなあと思うばかりだが、しっかりと天気はよく、呑気に見物できた。

心配された台風は途中で級に右に曲がり、あっという間に衰えて温帯低気圧に変ってしまっている。相変わらずの晴れ男である。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 遷宮の新しき宮の白木なる鳥居本殿見ゆるぞゆかしき | トップページ | 南国の日の色さして紫陽花の花は見事に開きゐるなり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三十年を一飛びに越え来てみれば昔と同じ二見浦なり:

« 遷宮の新しき宮の白木なる鳥居本殿見ゆるぞゆかしき | トップページ | 南国の日の色さして紫陽花の花は見事に開きゐるなり »