« 我が夏は白く小さき花の咲くクリーピングタイムに埋もれて | トップページ | 真夏日にならぬ日の風受けて咲く薄紅葵の色ぞ浮き立つ »

2013年7月15日

半世紀前に消えたる砂浜を偲べば傍を電車行き過ぐ


Img_6226 仕事で、千葉県市原市に行った。よほど遠いかと思っていたが、我が家から正味二時間足らずで行けた。

とはいえ、内房線という路線は多分、三十年ぶりぐらいで乗ったので、気分的にはかなり遠いところまで行ったような気がした。

この辺りは昭和三十年代前半までは砂浜だったらしいが、五十年前からすっかり埋め立てられて、今は京葉工業地帯になっている。不思議な感覚の残る地域だ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 我が夏は白く小さき花の咲くクリーピングタイムに埋もれて | トップページ | 真夏日にならぬ日の風受けて咲く薄紅葵の色ぞ浮き立つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 半世紀前に消えたる砂浜を偲べば傍を電車行き過ぐ:

« 我が夏は白く小さき花の咲くクリーピングタイムに埋もれて | トップページ | 真夏日にならぬ日の風受けて咲く薄紅葵の色ぞ浮き立つ »