« 涼しき夜にほつと見渡す駅前のロータリーさへほつとしてゐき | トップページ | 夏空の下で稲穂の垂るる日に吹き来る風を涼風と呼ばむ »

2013年8月27日

涼風につくつく法師泣き止みて夕焼けの見ゆ終はる夏かは


Img_6839 このところ、あの猛暑がちょっとだけ収まって、朝晩は涼しいと思えるほどになった。涼しいといっても、あの暑さに慣れてしまった体の感覚だから、本当に涼しいというほどのことでもないのだが、それでも喜ばしい。

今日は西の空に夕焼けが見えた。空気の乾いた感じの夕焼けである。

これで夏が終るとも思えないので、油断はならない。十月までは暑いのだと思う。それでも、少しは期待してしまう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 涼しき夜にほつと見渡す駅前のロータリーさへほつとしてゐき | トップページ | 夏空の下で稲穂の垂るる日に吹き来る風を涼風と呼ばむ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 涼風につくつく法師泣き止みて夕焼けの見ゆ終はる夏かは:

« 涼しき夜にほつと見渡す駅前のロータリーさへほつとしてゐき | トップページ | 夏空の下で稲穂の垂るる日に吹き来る風を涼風と呼ばむ »