« 太平の眠りとやらをむさぼりてみたしと思ふ長崎の海 | トップページ | 立葵移れる空にこの年の最後の花を咲かせゐるなり »

2013年9月21日

彼岸に入り汗ばみつつも涼しとふ挨拶するは口惜しきかな


Img_7049かなり秋らしい陽気になった。とはいえ、朝晩がとてもしのぎやすくなっただけで、実際には日中の気温は三十度近くになり、日向を歩けば汗ばむ。

こんな中で 「涼しくなったね」 などと挨拶をするのは、ある意味 「くやしい」 ものである。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 太平の眠りとやらをむさぼりてみたしと思ふ長崎の海 | トップページ | 立葵移れる空にこの年の最後の花を咲かせゐるなり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 彼岸に入り汗ばみつつも涼しとふ挨拶するは口惜しきかな:

« 太平の眠りとやらをむさぼりてみたしと思ふ長崎の海 | トップページ | 立葵移れる空にこの年の最後の花を咲かせゐるなり »