« 穭田の彼方に秋の白雲の漂ふ見えて名月を待つ | トップページ | 彼岸に入り汗ばみつつも涼しとふ挨拶するは口惜しきかな »

2013年9月20日

太平の眠りとやらをむさぼりてみたしと思ふ長崎の海


Img_7044 長崎に日帰りという、ある意味無茶な出張をした。朝一番で発って、夜に帰れば何とかなるものだとわかったが、体がかなりかったるくなる。

写真は長崎の港、大波止から見た景色。三本マストの蒸気船が停泊している。これって、日本丸というやつだろうか? よくわからない。

今日の長崎の海は本当に静かだった。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 穭田の彼方に秋の白雲の漂ふ見えて名月を待つ | トップページ | 彼岸に入り汗ばみつつも涼しとふ挨拶するは口惜しきかな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 太平の眠りとやらをむさぼりてみたしと思ふ長崎の海:

« 穭田の彼方に秋の白雲の漂ふ見えて名月を待つ | トップページ | 彼岸に入り汗ばみつつも涼しとふ挨拶するは口惜しきかな »