« 利根川は溢るるほどの流れにて秋の夕陽に照らされゐたり | トップページ | 穭田の彼方に秋の白雲の漂ふ見えて名月を待つ »

2013/09/18

名月を明日に控へてひむがしの空より小望月は昇れり


Img_7037 今日は 「こんな日ばかりだとありがたい」 と言いたくなるほど、気持ちのいい秋の日だった。日中は日が射すのでそれなりに暑さを感じはしたが、汗をかいてもすぐに乾く。

日が暮れかけると、真ん丸にやや欠ける小望月が姿を現した。月齢は十三夜だが、暦でいえば今日は十四夜である。そして暦的には明日が十五夜で中秋の名月だが、月齢で言えば、明後日の二十日の方が満月である。

中秋の名月が満月とは限らないのである。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 利根川は溢るるほどの流れにて秋の夕陽に照らされゐたり | トップページ | 穭田の彼方に秋の白雲の漂ふ見えて名月を待つ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 名月を明日に控へてひむがしの空より小望月は昇れり:

« 利根川は溢るるほどの流れにて秋の夕陽に照らされゐたり | トップページ | 穭田の彼方に秋の白雲の漂ふ見えて名月を待つ »