« 黒雲の彼方夕陽の柔らかく見ゆる黄昏に辿る家路よ | トップページ | つつましく咲き続けてはこの秋の最後に近き白き木槿よ »

2013年9月27日

錆の浮くフェンスの縁に錆色をしたる尾の秋津じつと動かず


1 今朝、我が家の駐車場から車を出そうとしたら、錆の浮いた古いフェンスの縁にトンボが止まっていた。錆と同じような色の尾をしたトンボである。

秋は順調に深まっているようだ。来週は蒸し暑さが戻るというが、また涼しくなって、今度はすぐに寒くなるのだろう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 黒雲の彼方夕陽の柔らかく見ゆる黄昏に辿る家路よ | トップページ | つつましく咲き続けてはこの秋の最後に近き白き木槿よ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 錆の浮くフェンスの縁に錆色をしたる尾の秋津じつと動かず:

« 黒雲の彼方夕陽の柔らかく見ゆる黄昏に辿る家路よ | トップページ | つつましく咲き続けてはこの秋の最後に近き白き木槿よ »