« 雨上がり朝に咲ける昼顔の黄昏までにしぼみたりけり | トップページ | 野を行けば渡れる蝉の鳴き声もつくつく法師のみとなりけり »

2013年9月 9日

青空を横に流るる白雲の下に広がり行く穭生え


Img_6910 ようやくたまらない暑さが去りつつあるようで、少しは秋らしくなってきた。夜明け前などは、肌寒さを感じるほどだ。

田んぼの稲刈りもどんどん進んでいて、ほとんど刈田になっている。早く稲刈りの済んだところは、新しい緑のひこばえが出てきている。

この田んぼのひこばえのことを、「穭 (ひつじ) 生え」 という。穭生えした田は、「穭田」 だ。穭田がどんどん広がってきている。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 雨上がり朝に咲ける昼顔の黄昏までにしぼみたりけり | トップページ | 野を行けば渡れる蝉の鳴き声もつくつく法師のみとなりけり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青空を横に流るる白雲の下に広がり行く穭生え:

« 雨上がり朝に咲ける昼顔の黄昏までにしぼみたりけり | トップページ | 野を行けば渡れる蝉の鳴き声もつくつく法師のみとなりけり »