« 川土手を覆ひゐたりき夏草も刈られ見上ぐる空の秋色 | トップページ | 列島の空気はさらに入れ替わり野分の雨を夜は受けむとす »

2013年10月24日

遙かなる海に野分の迫る頃木槿は全て咲き尽くしたり


Img_7229台風が近づきつつはあるのだが、空がどんよりとしているだけで、まだ風も強くないし、雨も降ったり止んだりという程度。明日あたりから本格的な影響が出てくるようだ。

気温だけが妙に低い。十一月下旬の気温だそうだ。近頃は暑いと言えば暑いし、それが終ると 「涼しい」 を通り越して 「肌寒い」 になる。ちょうどいい気候の時期が、本当に短い。

写真は裏を流れる川の土手の様子。ムクゲの花は咲き尽くしてしまったようで、もう新たな蕾が開くことはない。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 川土手を覆ひゐたりき夏草も刈られ見上ぐる空の秋色 | トップページ | 列島の空気はさらに入れ替わり野分の雨を夜は受けむとす »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遙かなる海に野分の迫る頃木槿は全て咲き尽くしたり:

« 川土手を覆ひゐたりき夏草も刈られ見上ぐる空の秋色 | トップページ | 列島の空気はさらに入れ替わり野分の雨を夜は受けむとす »