« 薄揺れ最期の木槿咲きかけて遂に咲かぬか風の冷たさ | トップページ | 朝霧の薄らぎ行けば太陽は思いの外の高みにて照る »

2013年10月20日

秋深み草の茂れるわが庭にただ一匹のこほろぎぞ鳴く


Img_7212近頃、急に冷え込んでいる。先々週まで気温が三十度を超えていたとは思われないほどだ。

我が家の庭は小さいとはいえ、クリーピングタイムを這わせて草を豊富にしているので、秋になると虫の鳴き声が豊富である。その虫も、今夜はコオロギ一匹だけとなってしまった。

季節の移ろいの、なんと速いことよ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 薄揺れ最期の木槿咲きかけて遂に咲かぬか風の冷たさ | トップページ | 朝霧の薄らぎ行けば太陽は思いの外の高みにて照る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋深み草の茂れるわが庭にただ一匹のこほろぎぞ鳴く:

« 薄揺れ最期の木槿咲きかけて遂に咲かぬか風の冷たさ | トップページ | 朝霧の薄らぎ行けば太陽は思いの外の高みにて照る »