« 何事もなく暮れかけし夕暮れの対岸にパトカーの赤き灯の見ゆ | トップページ | 朝霧の残る刈田の奥深く青鷺飛びて鳴く声ぞする »

2013年11月 2日

秋雨のいつしか止めば日の落ちし時も知られず既に夕闇


Img_7272昼過ぎから雨が降ったが、夕方には止んだ。何事もなく静かに暮れた一日である。

雨が止むと少しは明るくなるような気がするが、その時は既に日は落ちて夕闇になっていた。長い夕暮れである。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 何事もなく暮れかけし夕暮れの対岸にパトカーの赤き灯の見ゆ | トップページ | 朝霧の残る刈田の奥深く青鷺飛びて鳴く声ぞする »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋雨のいつしか止めば日の落ちし時も知られず既に夕闇:

« 何事もなく暮れかけし夕暮れの対岸にパトカーの赤き灯の見ゆ | トップページ | 朝霧の残る刈田の奥深く青鷺飛びて鳴く声ぞする »