« 晩秋の高みに昇り地を進むヘッドライトに負けぬ望月 | トップページ | 風寒き晩秋なるかさてはまた初冬なるかの知れぬ夕暮れ »

2013年11月18日

水嵩の低くなりたる川岸の小春日和に薄ぞ揺るる


Img_7427今日は久しぶりに穏やかな小春日和で、風も暖かく感じた。薄が日に輝いて揺れている。

川の水嵩は徐々に減ってきて、冬の景色に近づいてきた。十一月もそろそろ下旬に入ろうとしている。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 晩秋の高みに昇り地を進むヘッドライトに負けぬ望月 | トップページ | 風寒き晩秋なるかさてはまた初冬なるかの知れぬ夕暮れ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水嵩の低くなりたる川岸の小春日和に薄ぞ揺るる:

« 晩秋の高みに昇り地を進むヘッドライトに負けぬ望月 | トップページ | 風寒き晩秋なるかさてはまた初冬なるかの知れぬ夕暮れ »