« 水嵩の低くなりたる川岸の小春日和に薄ぞ揺るる | トップページ | 長崎の荒海越えて吹き来たる風に冴えわたるイルミネーション »

2013年11月19日

風寒き晩秋なるかさてはまた初冬なるかの知れぬ夕暮れ


Image

今日からほぼ一週間のドサ回りである。

今日は都心のホテルに泊まり、明日から九州、関西、北海道に行く。途中で一度自宅に戻るが、ほぼ寝るだけの 「中継地点」 に過ぎない。無理し過ぎないようにいかなければね。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)


|

« 水嵩の低くなりたる川岸の小春日和に薄ぞ揺るる | トップページ | 長崎の荒海越えて吹き来たる風に冴えわたるイルミネーション »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風寒き晩秋なるかさてはまた初冬なるかの知れぬ夕暮れ:

« 水嵩の低くなりたる川岸の小春日和に薄ぞ揺るる | トップページ | 長崎の荒海越えて吹き来たる風に冴えわたるイルミネーション »