« 不意の雨止みたる宵の風のうちに間近に迫る冬を見たりき | トップページ | 半世紀近く我が家に我とともにあるシェラカップの銀の輝き »

2013年11月12日

利根川を舟で下らば吹き渡る木枯らしの身に浸むる日なるらむ


Img_7358今日は冬の寒さだったが空はさわやかな晴天で、仕事先の古河までいい気分でドライブできた。往復三時間半の旅である。

写真は途中の境という所の利根川の風景。「高瀬舟乗り場」 という看板があり、観光用の舟が出ているという話なのだが、これが実際に運行されているのを見たことはない。

今日のような日に舟下りをしたら、波は穏やかだが寒風が身に浸みるだろう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 不意の雨止みたる宵の風のうちに間近に迫る冬を見たりき | トップページ | 半世紀近く我が家に我とともにあるシェラカップの銀の輝き »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 利根川を舟で下らば吹き渡る木枯らしの身に浸むる日なるらむ:

« 不意の雨止みたる宵の風のうちに間近に迫る冬を見たりき | トップページ | 半世紀近く我が家に我とともにあるシェラカップの銀の輝き »