« 一片の葉もなき冬の木槿にも花の名残の額ぞ残れる | トップページ | 青空に綿雲浮かぶ坂東のクリスマス・イブにつながる光 »

2013年12月23日

路地裏の息づかひにも様々の色あれど吾構はず歩く


Img_7690写真は、東京渋谷区笹塚の商店街を抜けた路地。まるで昭和の風景だ。

今でもこんな路地があると嬉しくなる。私だってインテリジェント・ビルの中にあるオフィスで働いたこともあるが、ああいう雰囲気には、結局馴染めなかったのだなあと思う。

ノスタルジックなのが総じていいというわけでは決してないが、いわゆるスマートで未来的なものは、疲れるのである。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 一片の葉もなき冬の木槿にも花の名残の額ぞ残れる | トップページ | 青空に綿雲浮かぶ坂東のクリスマス・イブにつながる光 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 路地裏の息づかひにも様々の色あれど吾構はず歩く:

« 一片の葉もなき冬の木槿にも花の名残の額ぞ残れる | トップページ | 青空に綿雲浮かぶ坂東のクリスマス・イブにつながる光 »