« 山茶花の根元の土を覆ひたる赤くなまめかしき花弁よ | トップページ | 土手道の霜と見紛う薄雪の溶けて乾きて忘らるる朝 »

2014年1月18日

見下ろせば車も家もことごとくマッチ箱なる郊外の街


Img_7847週末である。今日のところは良く晴れた。気温も昨日、一昨日ほどには低くないようである。

近くのショッピングセンターに買い物に出かけた。天気に恵まれた週末というわけで、地上の駐車場はほぼ満車。立体駐車場に入らなければならなかった。

屋上から見下ろすと、駐車中の車だけでなく、周囲の家々までマッチ箱のように見える。郊外の都市特有の感覚である。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 山茶花の根元の土を覆ひたる赤くなまめかしき花弁よ | トップページ | 土手道の霜と見紛う薄雪の溶けて乾きて忘らるる朝 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見下ろせば車も家もことごとくマッチ箱なる郊外の街:

« 山茶花の根元の土を覆ひたる赤くなまめかしき花弁よ | トップページ | 土手道の霜と見紛う薄雪の溶けて乾きて忘らるる朝 »