« 静かなる深き世界の広がりて川の底まで白き雪の日 | トップページ | 行く川の土手の名残の中州には雪解け残りさらに真白し »

2014年2月 9日

塀の上に並び地蔵のあるごとく小さき雪だるま増えてゆくなり


Img_7969 今日の写真はとても可愛らしいものにしたが、実際には可愛らしいどころか、大変な一日だった。何しろ四十五年ぶりの大雪ということで、家の周りの雪かきをしてなんとか外出できるようにするまで、家族総出で半日かかった。

さらに、用足しに出かけた先で、雪の中で身動きがとれなくなった車を掘り出して救出したりしたので、もう体ががくがくだ。

そんな疲れを和らげるために、あえて可愛らしい写真にしたわけである。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 静かなる深き世界の広がりて川の底まで白き雪の日 | トップページ | 行く川の土手の名残の中州には雪解け残りさらに真白し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 塀の上に並び地蔵のあるごとく小さき雪だるま増えてゆくなり:

« 静かなる深き世界の広がりて川の底まで白き雪の日 | トップページ | 行く川の土手の名残の中州には雪解け残りさらに真白し »