« 清水の舞台を上に見上ぐれば天女の舞の見ゆる日もあるか | トップページ | 筑波嶺を越え吹きつくる風を透かし光の春を見る土手の上 »

2014年2月20日

をちこちのタイムマシンは路地裏の日陰に白く解け残る雪


2路地の日陰には、先日の雪がまだ解け残っている。とはいえ、かいた雪の捨て場所が山のようになったのはなくなった。

山梨県方面で陸の孤島と化してしまったところも、徐々に回復が進んできているらしい。それにしても、今年は三月も気温が低いという予報が出ているし、春の来るのは遅いかもしれない。

近頃の傾向で、春はほんの一ヶ月ぐらいで、あっという間に夏になってしまうんだろうなあ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 清水の舞台を上に見上ぐれば天女の舞の見ゆる日もあるか | トップページ | 筑波嶺を越え吹きつくる風を透かし光の春を見る土手の上 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: をちこちのタイムマシンは路地裏の日陰に白く解け残る雪:

« 清水の舞台を上に見上ぐれば天女の舞の見ゆる日もあるか | トップページ | 筑波嶺を越え吹きつくる風を透かし光の春を見る土手の上 »