« 背筋より春の体になりたれば寒の戻りも気にはならざり | トップページ | くつきりとせる筑波嶺のおぼろなる姿となればまことなる春 »

2014年3月21日

ひむがしに浮かべる雲は毛羽立ちて北の地に降る雪を語れり


Img_8217今日はお彼岸。だが寒い。東北北海道では、太平洋側で大雪が降ったという。関東の空も、空に浮かぶ雲がいかにも春の雲という様相ではない。端が毛羽立ち、上空の冷たく強い風を物語る。

日のあるうちは、風のないところではまだ暖かいが、日が暮れると急に気温が下がり始めた。今回の寒の戻りは、なかなかのものである。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 背筋より春の体になりたれば寒の戻りも気にはならざり | トップページ | くつきりとせる筑波嶺のおぼろなる姿となればまことなる春 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひむがしに浮かべる雲は毛羽立ちて北の地に降る雪を語れり:

« 背筋より春の体になりたれば寒の戻りも気にはならざり | トップページ | くつきりとせる筑波嶺のおぼろなる姿となればまことなる春 »