« ひむがしに浮かべる雲は毛羽立ちて北の地に降る雪を語れり | トップページ | 純白と濃き桃色の花の咲く桜草の鉢二つ来たれり »

2014年3月22日

くつきりとせる筑波嶺のおぼろなる姿となればまことなる春


Img_8222彼岸の連休二日目。冷え込みはだんだんと緩やかになってきているが、来週にならないと本格的な春の陽気にはならないようだ。

裏の川土手を散歩すると、彼方に筑波山がくっきりと見えた。こんなにくっきりではなく、おぼろに見えるようになると、本当の春である。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« ひむがしに浮かべる雲は毛羽立ちて北の地に降る雪を語れり | トップページ | 純白と濃き桃色の花の咲く桜草の鉢二つ来たれり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: くつきりとせる筑波嶺のおぼろなる姿となればまことなる春:

« ひむがしに浮かべる雲は毛羽立ちて北の地に降る雪を語れり | トップページ | 純白と濃き桃色の花の咲く桜草の鉢二つ来たれり »