« 光のみ春とはなりて渡り来る風冷たきに驚きぞする | トップページ | これからの二十年ほど任せむと新しき郵便受けを買ひたり »

2014年3月 9日

動かざる春の浅瀬に降り立ちて日を浴びながら鴨も動かず


Imgp0816穏やかな日差しだが、風は冷たい。来週の半ばにならないと春の風は吹かないらしい。

とはいえ、川は春の様相になりつつある。強い風が吹かないので、両側を土手に遮られた川面は静かに動かない。その動かない浅瀬で、鴨たちも動かず、じっと日を浴びている。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 光のみ春とはなりて渡り来る風冷たきに驚きぞする | トップページ | これからの二十年ほど任せむと新しき郵便受けを買ひたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 動かざる春の浅瀬に降り立ちて日を浴びながら鴨も動かず:

« 光のみ春とはなりて渡り来る風冷たきに驚きぞする | トップページ | これからの二十年ほど任せむと新しき郵便受けを買ひたり »