« 額縁の中より伸びる植物の春を迎えて色増したるか | トップページ | 動かざる春の浅瀬に降り立ちて日を浴びながら鴨も動かず »

2014年3月 8日

光のみ春とはなりて渡り来る風冷たきに驚きぞする


Img_8151相変わらず寒い。三月になると毎年のように 「春はまだか、春はまだか」 と呟いているが、今年は一時的に妙に暖かくなった時があったものの、いつに増して寒い。

とはいえ、空はすっかり春めいている。「二月は光の春、三月は風の春」 などというが、今年は三月になって、ようやく 「光の春」 になったようだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 額縁の中より伸びる植物の春を迎えて色増したるか | トップページ | 動かざる春の浅瀬に降り立ちて日を浴びながら鴨も動かず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 光のみ春とはなりて渡り来る風冷たきに驚きぞする:

« 額縁の中より伸びる植物の春を迎えて色増したるか | トップページ | 動かざる春の浅瀬に降り立ちて日を浴びながら鴨も動かず »