« 春一番吹けば必ず訪るる寒の戻りを予報士は告ぐ | トップページ | ひむがしに浮かべる雲は毛羽立ちて北の地に降る雪を語れり »

2014年3月20日

背筋より春の体になりたれば寒の戻りも気にはならざり


Img_8215昨日までの春の陽気が一転して寒の戻りとなり、「冬の寒さ」に戻るという予報だったのだが、実際にはそれほどの寒さには感じなかった。もう 「春の体」 になっているから、中途半端な寒さなら無視できる。

気付いてみれば、明日は春分の日である。彼岸というのは、気候の変動の激しい時期だが、もう大きな後戻りはないだろう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 春一番吹けば必ず訪るる寒の戻りを予報士は告ぐ | トップページ | ひむがしに浮かべる雲は毛羽立ちて北の地に降る雪を語れり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 背筋より春の体になりたれば寒の戻りも気にはならざり:

« 春一番吹けば必ず訪るる寒の戻りを予報士は告ぐ | トップページ | ひむがしに浮かべる雲は毛羽立ちて北の地に降る雪を語れり »