« 街灯の生暖かき宵の口の空気に染みておぼろなりけり | トップページ | じいさんもばあさんも皆夕暮れの土手の道行く犬の歩調で »

2014年4月27日

著莪の花早咲き揃ひこの我を時の移りに追ひつけと呼ぶ


Img_8644気付いてみれば、もうシャガの花の咲く季節である。今年は寒い日が長く続いて、あっという間に春になり、今は初夏に向かって急いでいるという状態だ。それで私の意識は、季節の進行に追いついていない。

平成十年以後に生まれて、最近になって物心ついたような子どもは、夏は死ぬほど暑くて、冬はやたらと底冷えし、春と秋はあっという間に過ぎ去るものと思っているのだろう。

気候が穏やかだったなんていうのは、昔話と思っているに違いない。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 街灯の生暖かき宵の口の空気に染みておぼろなりけり | トップページ | じいさんもばあさんも皆夕暮れの土手の道行く犬の歩調で »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 著莪の花早咲き揃ひこの我を時の移りに追ひつけと呼ぶ:

« 街灯の生暖かき宵の口の空気に染みておぼろなりけり | トップページ | じいさんもばあさんも皆夕暮れの土手の道行く犬の歩調で »