« 黒雲の端をこじ開け漏るる日の素直に広がる春に至らず | トップページ | 散る桜残るも散ると云ふなれど散りて心に残るものあり »

2014年4月 6日

花冷えの中にありても花は散る桜吹雪といふ見せ場もて


Img_8455 桜がついに散り始めた。風が吹くと盛大な桜吹雪になっている。

今年の桜は先月末に急に暖かくなった時にどっと咲き始めたが、それから妙に花冷えになってしまったので、案外もった。しかし桜というのは不思議なもので、あんなに愛でられていたのに、もちすぎると飽きられる。

これ以上咲いていると、「なんだ、まだ咲いてたのか」 なんて言われかねない。そろそろ散った方がいい。どんどん桜吹雪になって散った方が、最後の見せ場になる。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 黒雲の端をこじ開け漏るる日の素直に広がる春に至らず | トップページ | 散る桜残るも散ると云ふなれど散りて心に残るものあり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 花冷えの中にありても花は散る桜吹雪といふ見せ場もて:

« 黒雲の端をこじ開け漏るる日の素直に広がる春に至らず | トップページ | 散る桜残るも散ると云ふなれど散りて心に残るものあり »