« 花冷えの中にありても花は散る桜吹雪といふ見せ場もて | トップページ | 土手腹のやや遅咲きの菜の花の最初の花の風に揺れゐる »

2014年4月 7日

散る桜残るも散ると云ふなれど散りて心に残るものあり


Img_8457関東南部の桜吹雪は、いよいよ本格的になっている。今日は昨日に比べて気温が上がったから、いよいよ散り時だ。明日はさらに暖かくなるというので、ますます見事な桜吹雪になるだろう。

「散る桜残る桜も散る桜」 という句があるが、良寛さんの辞世と伝えられる。ただ、太平洋戦争末期の特攻隊になぞらえられたりしたのが、ちょっと悲しい。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 花冷えの中にありても花は散る桜吹雪といふ見せ場もて | トップページ | 土手腹のやや遅咲きの菜の花の最初の花の風に揺れゐる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 散る桜残るも散ると云ふなれど散りて心に残るものあり:

« 花冷えの中にありても花は散る桜吹雪といふ見せ場もて | トップページ | 土手腹のやや遅咲きの菜の花の最初の花の風に揺れゐる »