« 十薬の一斉に咲く頃となりぬ半月で梅雨ふた月で真夏 | トップページ | 風の凪ぐその瞬間に田の水は世界を映す鏡となりぬ »

2014年5月26日

筑波嶺の二つの頂きを撫づるごとく雲降り来たり雨が近づく


Img_8927今日は仕事で、もう少し行くと栃木県という筑西市というところまで行ってきた。筑波山の西の山麓をかすめて、さらに北に行ったところである。

朝のうちはまだ日が射していたのだが、昼前からはすっかり曇り空になり、筑波山の頂上すれすれまで雲が降りてきていた。夜になってからはすっかり雨模様である。

どうも風邪を引いてしまったようなので、この湿り気はありがたい。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 十薬の一斉に咲く頃となりぬ半月で梅雨ふた月で真夏 | トップページ | 風の凪ぐその瞬間に田の水は世界を映す鏡となりぬ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 筑波嶺の二つの頂きを撫づるごとく雲降り来たり雨が近づく:

« 十薬の一斉に咲く頃となりぬ半月で梅雨ふた月で真夏 | トップページ | 風の凪ぐその瞬間に田の水は世界を映す鏡となりぬ »