« 緑なる水の季節となりにけり田も川も吹く風のうちにも | トップページ | 国見より箱庭を見るごとく眺む福島盆地は夏に染まれり »

2014年5月31日

辿り着けば黄昏の色残りたり仙台平野の広き空の端


Img_8962今日は明日の仕事のために、宮城県の石巻に前泊だ。天気は上々。東北の地まで来てもまだ暑いぐらいだ。

東北の中で、仙台平野は特別といえるぐらいに広い。空も広い。

風邪をこじらせないように、早めに寝ておこう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 緑なる水の季節となりにけり田も川も吹く風のうちにも | トップページ | 国見より箱庭を見るごとく眺む福島盆地は夏に染まれり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 辿り着けば黄昏の色残りたり仙台平野の広き空の端:

« 緑なる水の季節となりにけり田も川も吹く風のうちにも | トップページ | 国見より箱庭を見るごとく眺む福島盆地は夏に染まれり »