« 風の凪ぐその瞬間に田の水は世界を映す鏡となりぬ | トップページ | 風邪引きの腹に響くは土手際で絶えず鳴きゐる牛蛙の声 »

2014年5月28日

日を浴びる芥子の赤きに迫り来る梅雨を思ひて足を止めたり


Img_8945今日は昼頃から晴れてきて、気温が上がった。道ばたのポピーに初夏の太陽が当たっている。

気付いてみれば、もう五月も終わりに近付き、六月になろうとしている。ことしの梅雨はどんな具合になるのだろう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 風の凪ぐその瞬間に田の水は世界を映す鏡となりぬ | トップページ | 風邪引きの腹に響くは土手際で絶えず鳴きゐる牛蛙の声 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日を浴びる芥子の赤きに迫り来る梅雨を思ひて足を止めたり:

« 風の凪ぐその瞬間に田の水は世界を映す鏡となりぬ | トップページ | 風邪引きの腹に響くは土手際で絶えず鳴きゐる牛蛙の声 »