« 奄美なる大島紬を染めきたる色思はせて車輪梅咲く | トップページ | さまざまの鳥の声聞く朝まだき起きんすれど覚めぬ我が夢 »

2014年5月19日

郊外の駅の彼方の結界に道は続きて闇にとけ込む


Img_8878a常磐線取手駅西口のペデストリアンデッキ延長工事が、いつの間にか完了していた。駅から出て右側の坂道の上まで続いている。

そのこじゃれた外観が、まだこの地域に馴染んでいるとはいえないが、おいおいこなれてくるのだろう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 奄美なる大島紬を染めきたる色思はせて車輪梅咲く | トップページ | さまざまの鳥の声聞く朝まだき起きんすれど覚めぬ我が夢 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 郊外の駅の彼方の結界に道は続きて闇にとけ込む:

« 奄美なる大島紬を染めきたる色思はせて車輪梅咲く | トップページ | さまざまの鳥の声聞く朝まだき起きんすれど覚めぬ我が夢 »