« わずかにも立つさざ波をやりすごし田はおぼろなる鏡とぞなる | トップページ | 車輪梅はバラ科の花の装ひを見せて一輪一輪と咲く »

2014年5月14日

車輪梅過ぎにし年の幻にあらず咲き初む再びの夏


Img_8838今年も裏のシャリンバイが蕾を膨らませ始めた。この花が咲くと、もう夏なのだという気がする。

花の色は純白ではなく、オフホワイト。それほど派手に咲き誇るというわけでもないが、バラ科の花特有の雰囲気はもっている。

それにしても、今年になって特別なことは何もしてないような気がするのに、もう夏である。本格的な暑さはこれからだが、毎年の繰り返しがやたら早く感じられる。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« わずかにも立つさざ波をやりすごし田はおぼろなる鏡とぞなる | トップページ | 車輪梅はバラ科の花の装ひを見せて一輪一輪と咲く »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 車輪梅過ぎにし年の幻にあらず咲き初む再びの夏:

« わずかにも立つさざ波をやりすごし田はおぼろなる鏡とぞなる | トップページ | 車輪梅はバラ科の花の装ひを見せて一輪一輪と咲く »