« 筑波嶺の二つの頂きを撫づるごとく雲降り来たり雨が近づく | トップページ | 日を浴びる芥子の赤きに迫り来る梅雨を思ひて足を止めたり »

2014年5月27日

風の凪ぐその瞬間に田の水は世界を映す鏡となりぬ


Img_8921この春からこっち、大嵐というのは少ないが、何だか常に微風以上の風が吹いていて、水の張られた田んぼの表面にはいつもさざ波が立っている。

それで、いつもの年にはしょっちゅう見られる 「周囲を鏡のごとく映す田んぼ」 というのが滅多に見られない。いつもさざ波が立っているので、くっきりとは映り込まないのだ。

ところが今日はほんの短時間だが、風が凪いで、田んぼが鏡のようになる時間帯があった。畦に立つ木の深い緑が、くっきりと田に映り込んでる。もう少しすると苗が大きくなって、田んぼに隙間がなくなるので、こうした情景はみられなくなる。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 筑波嶺の二つの頂きを撫づるごとく雲降り来たり雨が近づく | トップページ | 日を浴びる芥子の赤きに迫り来る梅雨を思ひて足を止めたり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風の凪ぐその瞬間に田の水は世界を映す鏡となりぬ:

« 筑波嶺の二つの頂きを撫づるごとく雲降り来たり雨が近づく | トップページ | 日を浴びる芥子の赤きに迫り来る梅雨を思ひて足を止めたり »