« 風邪引きの腹に響くは土手際で絶えず鳴きゐる牛蛙の声 | トップページ | 辿り着けば黄昏の色残りたり仙台平野の広き空の端 »

2014年5月30日

緑なる水の季節となりにけり田も川も吹く風のうちにも


Img_8956ついこないだまで木枯らしが吹きまくって、世の中はからからに乾燥していたが、ふと気付けば瑞々しい季節である。田も川も、水に満ちている。

そして吹く風の中にも瑞々しい感触がある。

じめじめした梅雨になる前の、もっとも気持ちのよい湿度感だ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 風邪引きの腹に響くは土手際で絶えず鳴きゐる牛蛙の声 | トップページ | 辿り着けば黄昏の色残りたり仙台平野の広き空の端 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 緑なる水の季節となりにけり田も川も吹く風のうちにも:

« 風邪引きの腹に響くは土手際で絶えず鳴きゐる牛蛙の声 | トップページ | 辿り着けば黄昏の色残りたり仙台平野の広き空の端 »