« 初夏の風渡れば青き麦の穂の膨らみ始め空もまた青し | トップページ | 筑波嶺の二つの頂きを撫づるごとく雲降り来たり雨が近づく »

2014年5月25日

十薬の一斉に咲く頃となりぬ半月で梅雨ふた月で真夏


Img_8924今年もまた、ドクダミの花の一斉に咲く季節になった。この花が咲き出すと、間もなく梅雨になり、そして真夏になる。

ドクダミとは、なかなか気の毒な名前で、よく見ればなかなか可憐な花である。梅雨の走りに、雨に濡れて咲く姿も美しい。ここでは別名の 「十薬 (ジュウヤク)」 と言っておこう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 初夏の風渡れば青き麦の穂の膨らみ始め空もまた青し | トップページ | 筑波嶺の二つの頂きを撫づるごとく雲降り来たり雨が近づく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 十薬の一斉に咲く頃となりぬ半月で梅雨ふた月で真夏:

« 初夏の風渡れば青き麦の穂の膨らみ始め空もまた青し | トップページ | 筑波嶺の二つの頂きを撫づるごとく雲降り来たり雨が近づく »