« 里山の裾のつましき田の水は空を映すに不足なかりき | トップページ | 北の地の春の遅きを待ちかねて一斉に咲く梅も桜も »

2014年5月 2日

街灯の列は平かなる闇の彼方までただ一直線なり


Image今日は北海道に来ている。仕事は明日からで、今夜は千歳空港の近くのホテルに前泊。

北海道の道は真直ぐである。北海道在住の友人は、「どうして曲げて道を作らなければいけないの?」 と言う。内地では、真っ直ぐに道を作ろうとしても、すぐに川や山裾にぶつかってしまうのだよね。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 里山の裾のつましき田の水は空を映すに不足なかりき | トップページ | 北の地の春の遅きを待ちかねて一斉に咲く梅も桜も »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 街灯の列は平かなる闇の彼方までただ一直線なり:

« 里山の裾のつましき田の水は空を映すに不足なかりき | トップページ | 北の地の春の遅きを待ちかねて一斉に咲く梅も桜も »