« 郊外の駅の彼方の結界に道は続きて闇にとけ込む | トップページ | さざ波の渡り来る田にうねうねと列なして揺る早苗小さし »

2014年5月20日

さまざまの鳥の声聞く朝まだき起きんすれど覚めぬ我が夢


Img_8880暁を覚えないのは、春眠ばかりではない。初夏の眠りも心地よい。

夜明けは早く、楽しそうな鳥の鳴き声も聞こえるが、浅い夢から覚めそうで覚めない。夢現のままで心が飛んでいる。

もう少し経つと、今度は暑くて寝ていられない季節になる。今のうちに心地よい眠りを楽しんでおこう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 郊外の駅の彼方の結界に道は続きて闇にとけ込む | トップページ | さざ波の渡り来る田にうねうねと列なして揺る早苗小さし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さまざまの鳥の声聞く朝まだき起きんすれど覚めぬ我が夢:

« 郊外の駅の彼方の結界に道は続きて闇にとけ込む | トップページ | さざ波の渡り来る田にうねうねと列なして揺る早苗小さし »