« 空梅雨の肥後の夜風の彼方より路面電車の乾きたる音 | トップページ | 虎ノ門ヒルズの下で仕舞た屋の消えたる日にぞ我は行き会ふ »

2014年6月 9日

辿り着けば雨の名残の濃き夜道夏の匂ひを宿して続く


Img_9053熊本への出張から帰ってきた。熊本ではついに一度も雨に降られることなく、晴れ間さえ長く続いて順調に仕事ができた。

羽田空港に着くといかにも雨の降った名残があり、常磐線に乗って取手駅に着いても大雨の通り過ぎたらしい様子だった。

結局、今回の出張では、一度も傘を差さずに済んだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 空梅雨の肥後の夜風の彼方より路面電車の乾きたる音 | トップページ | 虎ノ門ヒルズの下で仕舞た屋の消えたる日にぞ我は行き会ふ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 辿り着けば雨の名残の濃き夜道夏の匂ひを宿して続く:

« 空梅雨の肥後の夜風の彼方より路面電車の乾きたる音 | トップページ | 虎ノ門ヒルズの下で仕舞た屋の消えたる日にぞ我は行き会ふ »