« 田の面の緑を透かし見ゆる水の鏡のやがて埋まり行くなり | トップページ | 梅雨となれば山ふところの路傍にも街の歩道にも咲く額の花 »

2014年6月 4日

我が宿の庭より飛びて増えし花をこの夏もまた眺めゐるなり


Img_8953裏の土手の薄紅葵 (マロウ) を、土手の草刈り作業の人たちが刈り残しておいてくれたおかげで、ものすごく見事に咲き乱れている。

どれもみな、我が家の庭から種が飛んで育ったものだが、この分だと、来年はますます増えそうだ。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 田の面の緑を透かし見ゆる水の鏡のやがて埋まり行くなり | トップページ | 梅雨となれば山ふところの路傍にも街の歩道にも咲く額の花 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我が宿の庭より飛びて増えし花をこの夏もまた眺めゐるなり:

« 田の面の緑を透かし見ゆる水の鏡のやがて埋まり行くなり | トップページ | 梅雨となれば山ふところの路傍にも街の歩道にも咲く額の花 »