« 国見より箱庭を見るごとく眺む福島盆地は夏に染まれり | トップページ | 田の面の緑を透かし見ゆる水の鏡のやがて埋まり行くなり »

2014年6月 2日

忍び寄る夜霧の中におぼろげに車の行き来見ゆる常陸野


Img_8996今日、日が暮れて水戸方面から帰ろうとすると、ところどころが霧に包まれていた。日中、湿度が高かったというわけではないのだが、夕方以後に急に空気が冷えたので、霧が発生しやすくなったのだろう。

明日は天気が下り坂で、気温もそれほどには上がらないというが、湿度が高くなって、熱中症に注意しなければならないことには変わりがないという。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 国見より箱庭を見るごとく眺む福島盆地は夏に染まれり | トップページ | 田の面の緑を透かし見ゆる水の鏡のやがて埋まり行くなり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 忍び寄る夜霧の中におぼろげに車の行き来見ゆる常陸野:

« 国見より箱庭を見るごとく眺む福島盆地は夏に染まれり | トップページ | 田の面の緑を透かし見ゆる水の鏡のやがて埋まり行くなり »