« 黒雲の低きにありてその下の薄紅葵高く伸びたり | トップページ | 土手際に白き木槿はこの年も咲き初めにけり三月先見て »

2014年6月29日

雲低く垂れ込めゐるは雷の鳴り響くらむ北部山沿ひ


Img_9225写真は小貝川の岡堰付近。我が家から車で十分足らずで行ける。

川上の北の方角をみると、見事に分厚い雲が垂れ込めている。多分、関東の北部は雷雲が発達しているのだろう。

このところ、我が家の付近でも毎日雷が鳴っている。天気が不安定で、蒸し暑いかと思うと急に涼しくなったりする。急に涼しくなるのが、雷の前兆だったりするから、注意しなければならない。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 黒雲の低きにありてその下の薄紅葵高く伸びたり | トップページ | 土手際に白き木槿はこの年も咲き初めにけり三月先見て »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 雲低く垂れ込めゐるは雷の鳴り響くらむ北部山沿ひ:

« 黒雲の低きにありてその下の薄紅葵高く伸びたり | トップページ | 土手際に白き木槿はこの年も咲き初めにけり三月先見て »