« 我が宿の庭より飛びて増えし花をこの夏もまた眺めゐるなり | トップページ | 雨の夜の路面に映る街の灯は舌舐めずりして地の底に這ふ »

2014年6月 5日

梅雨となれば山ふところの路傍にも街の歩道にも咲く額の花


Img_9027今日は仕事で二子玉川の街に行った。歩道に額の花が咲いていた。

梅雨入りの頃ともなると、日本中に紫陽花や額の花が咲く。梅や桜が春のアイコンなら、これらは梅雨のアイコン。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 我が宿の庭より飛びて増えし花をこの夏もまた眺めゐるなり | トップページ | 雨の夜の路面に映る街の灯は舌舐めずりして地の底に這ふ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 梅雨となれば山ふところの路傍にも街の歩道にも咲く額の花:

« 我が宿の庭より飛びて増えし花をこの夏もまた眺めゐるなり | トップページ | 雨の夜の路面に映る街の灯は舌舐めずりして地の底に這ふ »