« 長谷寺の灯籠の下に枯れ残る紫陽花ありてあとはただ緑 | トップページ | この度のワールドカップをダイジェスト版てふタイムマシンで眺む »

2014年7月17日

白木槿日に輝けど気も狂ふほどの暑さは未だ来たらず


Img_9416昼頃までは晴天だった。土手際のムクゲの花が日に輝いていた。ところが、昼を過ぎるとどんよりとして、湿度も上がった。その代わりに気温はそれほど上がらないので、蒸し暑さはあまり感じなかった。

九州南部は昨日梅雨明けしたようだが、関東の梅雨明けはまだである。今年の夏は、今のところ去年ほど気が狂うような暑さじゃない。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 長谷寺の灯籠の下に枯れ残る紫陽花ありてあとはただ緑 | トップページ | この度のワールドカップをダイジェスト版てふタイムマシンで眺む »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 白木槿日に輝けど気も狂ふほどの暑さは未だ来たらず:

« 長谷寺の灯籠の下に枯れ残る紫陽花ありてあとはただ緑 | トップページ | この度のワールドカップをダイジェスト版てふタイムマシンで眺む »