« この暑き季節に吾は生まれしと赤き夕日を見送り思ふ | トップページ | みちのくの暑き日差しを行く水に落として二十三回忌なり »

2014年7月27日

暑き日の空を覆へる黒雲と地表ぶ白き稲妻


Img_9444写真は、車のパネル。外気温が四十三度になっている。いやはや、暑いわけだ。

今日は水戸のちょっと北まで車で行ったのだが、途中で大雨になり、雷が鳴り響いた。

常磐道の一部では道路脇の立木がなぎ倒され、二キロぐらいにわたって、木の小枝が散乱していた。プチ竜巻でもあったんだろうか。

とにかく、天気が安定しない。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« この暑き季節に吾は生まれしと赤き夕日を見送り思ふ | トップページ | みちのくの暑き日差しを行く水に落として二十三回忌なり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暑き日の空を覆へる黒雲と地表ぶ白き稲妻:

« この暑き季節に吾は生まれしと赤き夕日を見送り思ふ | トップページ | みちのくの暑き日差しを行く水に落として二十三回忌なり »