« 土手草の刈られ干し草色となり南の風を遮るものなし | トップページ | 西に降る大雨のその一割も降れば熱帯夜とはならぬに »

2014年8月 2日

この年の七夕もまた暑き日の暮れて銀河の揺るるを見るか


Img_9476きょうもまた暑い一日だった。しかし今日は旧暦の七夕である。今年は旧暦の進行が早いので、珍しく立秋の前に七夕になってしまったが、とにかく、今日が本当の七夕である。

立秋は八月七日。立秋とはいえまだまだ暑いのは、立春がきてもまだまだ寒いのと同様だが、いずれにしても、夏がよくよく煮詰まって、これ以上は進まないというこことである。とはいえ、昨今は温暖化で 「残暑」 が延々と続くことになるのだが。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 土手草の刈られ干し草色となり南の風を遮るものなし | トップページ | 西に降る大雨のその一割も降れば熱帯夜とはならぬに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: この年の七夕もまた暑き日の暮れて銀河の揺るるを見るか:

« 土手草の刈られ干し草色となり南の風を遮るものなし | トップページ | 西に降る大雨のその一割も降れば熱帯夜とはならぬに »