« 夕暮れの雲と陸との隙間には紅く染まれる空深かりし | トップページ | 木枯らしの吹きて冷え込む夜明けにも咲く寒菊のよき面構へ »

2014年11月 4日

秋晴れの里の土手より北に望む筑波の嶺の際立ちてあり


Img_0462今日は昨日以上に秋晴れだった。こんな日は岡堰の土手から筑波山がきれいに望まれる。

私はこの辺りから見る筑波山が最も美しいと思っている。とはいえ、人は自分の地元から見る山が一番と思うものなので、それぞれ美しい角度があるのだろう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 夕暮れの雲と陸との隙間には紅く染まれる空深かりし | トップページ | 木枯らしの吹きて冷え込む夜明けにも咲く寒菊のよき面構へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋晴れの里の土手より北に望む筑波の嶺の際立ちてあり:

« 夕暮れの雲と陸との隙間には紅く染まれる空深かりし | トップページ | 木枯らしの吹きて冷え込む夜明けにも咲く寒菊のよき面構へ »