« 日の射さぬ川の畔にほほけたる薄の穂揺れ冬がまた来る | トップページ | 冬至過ぎて日は疾く入りて夕焼けと呼ぶほど燃ゆる空とはならず »

2014年11月 9日

街路樹の紅く染まりてこの年の分厚き秋の行くを見守る


Img_0483この辺りの街路樹は、もうほとんど紅葉、あるいは黄葉している。いつもの年に比べて、やや早いような気がする。

今年はやはり、秋の訪れが早かったのだろう。

(写真をクリックすると、拡大表示されます)

|

« 日の射さぬ川の畔にほほけたる薄の穂揺れ冬がまた来る | トップページ | 冬至過ぎて日は疾く入りて夕焼けと呼ぶほど燃ゆる空とはならず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 街路樹の紅く染まりてこの年の分厚き秋の行くを見守る:

« 日の射さぬ川の畔にほほけたる薄の穂揺れ冬がまた来る | トップページ | 冬至過ぎて日は疾く入りて夕焼けと呼ぶほど燃ゆる空とはならず »